成犬の歯は、通常何本あるか御存知ですか?

前歯が12本、犬歯が4本、前臼歯16本、後臼歯10本の合計42本です。

猫はというと、前歯が12本、犬歯が4本、前臼歯10本、後臼歯4本の合計30本です。

犬、猫、ともに、幼少のころは乳歯が生えており、生後4ヶ月頃になると徐々に乳歯が抜けてきて永久歯と入れ替わってきます。

さて、皆さんのかわいいコンパニオンアニマル達の口の中はどうなっているでしょう。

歯は全部そろっていますか?
歯石がたまっていたり、歯肉炎や口内炎、歯槽膿漏などになっていませんか?
歯がグラグラしていたり、くさ~い臭いがしていたり、よだれがでたりしていませんか?

口は、栄養を取り入れるための一番大切な玄関です。食欲はあっても、口が痛いためにおいしく食べられないかわいそうな動物がたくさんいます。そうしているうちに身体全身もだんだん弱ってきてしまうのです。

歯や口内をきれいに健康に保つための秘訣は、私達ヒトと同じく歯磨きをすることです。小さいうちから口に指を入れて慣らしていけば、動物はちゃんと歯磨きをさせてくれます。

でも、大きくなってしまった子達は、もう無理かもしれませんね。そういう時は、年に一回程度の口腔内清掃と歯石除去を受け、できるだけ口を健康に保つようにしましょう。

動物病院は、歯医者サンもやっています。ちよっと心配になった人は、手遅れにならないうちにぜひ御来院下さい。